当社では、当社サイトでのお客様のエクスペリエンスを最適なものにするために Cookie を使用しています。Cookie の設定はいつでも更新できます。
お客様は、以下のボタンをクリックすることにより、当社の Cookie ポリシーに同意されたことになります

システム要件

以下の情報は OpticStudio 16.5 SP1 以降で適用されます。

サポート対象のオペレーティング システム :

  • 64 ビット版の Windows オペレーティング システムが必要です。
  • Windows 10 (Anniversary update 1607 またはそれ以上を推奨)
  • Windows 8.1 (8.0 はサポートされていません)
  • Windows 7 Service Pack 1
  • Windows Server 2008 R2 SP1, Server 2012 R2 またはそれ以上

Mac OS、Linux、および仮想マシン

OpticStudio は上記のサポート対象 Windows プラットフォームでの動作を想定して設計されています。一方で、Linux や Unix のほか、Mac OS のような BSD 系のオペレーティング システム上で Windows 環境の仮想マシンを使用して OpticStudio を実行することもできます。詳細は「Intel を搭載した Mac コンピュータで OpticStudio を実行する方法」をご参照ください。

最小ハードウェア要件

  • 64bit Intel または AMD プロセッサ。最適な性能を得るにはマルチコア プロセッサをお勧めします。
  • 2 GB システムメモリ。最適な性能を得るには 1 コアあたりのメモリ量が 2 GB 以上をお勧めします。
  • DirectX 11.0 および 512mb ビデオ RAM をサポートするグラフィック カード
  • 初期ダウンロードおよびインストールのための 2.2 GB の空き領域があるディスクドライブ。作業ファイル用として 100 GB の空き領域をお勧めします。
  • 1024 x 768 ピクセルの最小ディスプレイ解像度。(Full HD 1920 x 1080 を推奨)
  • プログラムのインストールと更新およびテクニカル サポートのためのインターネットおよび電子メールへのアクセス
  • プログラム ドキュメントを参照する Adobe® Reader
  • ネットワーク ライセンスの Zemax には TCP/IP ネットワークが必要です。
  • スクロール ホイールを備えた 2 ボタン マウスまたは同等のトラック パッド

最適なハードウェア仕様

OpticStudio は非常に効率的にコーディングされているので、最小限の仕様を満たすハードウェアでも動作しますが、非常に大規模な問題も処理できる大容量演算アプリケーションでもあることから、ハードウェアが大規模で高性能であるほど高速な光線追跡が可能になります。したがって、目的に合わせて適切な予算をハードウェアに充てる必要があります。詳細および事例については、以下の記事を参照してください。
 

.NET Framework

OpticStudio には .NET Framework 4.6.2 が必要です。 必要な Windows コンポーネントがインストーラによって自動的にダウンロードされ、インストールされます。