当社では、当社サイトでのお客様のエクスペリエンスを最適なものにするために Cookie を使用しています。Cookie の設定はいつでも更新できます。
お客様は、以下のボタンをクリックすることにより、当社の Cookie ポリシーに同意されたことになります

最新製品情報

OpticStudio の新機能と更新は、光学設計を次のレベルに引き上げます。
MTF 最適化で既存の30倍以上の高速化や、他の光学設計ソフトには類を見ない多くの視野における多光線数での光線追跡、カスタムアプリケーションの作成が容易になる新規 API マニュアル、今までにないレベルでの正確なシミュレーションが可能となる蛍光と蛍光体モデル等が盛り込まれています。

 
 

Standard Edition では、新規視野データエディタ、視野プロットが新しく追加されました。スポット X+Y デフォルト メリット ファンクションが改良され、スポットサイズの最適化で最速の機能となりました。エクスプレス ビューを使ってエディタを素早く移動できるようになり、任意の面、オブジェクト、オペランドの検索機能が改良されました。また、ファイルの整理を容易にするブックマーク機能や、 光学系のトラブルシューティングを単純化するZemax ファイル収集ツールなど、その他多種の機能が加わりました。

Professional Edition では、 Standard Edition で使用可能な全ての機能に加え、革新的な Moore-Elliot 理論を用いたコントラスト最適化が含まれています。最大 50 の視野点を伴う非回転対称光学系の最適化ならびに公差解析を効率的に実行します。全視野収差解析機能は、自由曲面の設計の向上に役立ちます。ディセンタされたアパチャーやマルチ コンフィグレーション、公差を伴うシーケンシャル光学系を、迷光解析が可能なノンシーケンシャル光学系に自動で変換することが可能です。ノンシーケンシャル モードでは、光学メカ設計向けの複雑なレンズやオプジェクトの形状を作成し、シミュレーションすることができます。新しい API 機能ならびに追加された MATLAB / C++ / C# / Python の各言語における API サンプルを使用して、ワークフローのカスタマイズやオートメーション化が可能です。

Premium Edition では、 Standard Edition および Professional Edition で使用可能な全ての機能に加え、 200 以上の視野点で光線追跡を行う機能により、複雑な自由曲面光学系を高精度で設計することが可能になりました。他に類を見ない光線ベースの包括的な蛍光と蛍光体モデルを使用し、蛍光ソーラー集光器のような新しい蛍光体光学系の設計をすることも可能です。ダイナミック CAD リンク機能を使用して SOLIDWORKS / Inventor / Creo のパーツを OpticStudio 上で動的に開いて編集し、情報を損失することなく光学メカ設計を完成させることができます。アップグレードをご希望の場合は、 Zemax Japan までお問い合わせください。

OpticStudio 無料体験版  OpticStudio ダウンロード  OpticStudo リリースノート


OpticStudio  新機能リスト

シーケンシャル機能 ノンシーケンシャル機能 操作性
  • エディタ ナビゲーション新しいエクスプレス ビューでエディタのスクロールを素早く行い、改良された[行へ移動](Go To) 検索機能を使用して任意の面やオブジェクト、オペランドを簡単に見つけることができるようになりました。また、ブックマークを追加または削除することでエディタを簡単に整理することも可能です。
  • 画像エクスポートの強化 - 解像度をカスタマイズした解析ウィンドウをベクター・グラフィックス形式だけでなく、 3 つのファイル形式でエクスポートすることが可能です。レイアウト ウィンドウも、解像度をカスタマイズして保存することができます。
  • トラブルシューティング – ソフトウェアのクラッシュやエラーの報告には、新しい Zemax ファイル収集ツールが役立ちます。このツールで作成される診断パッケージにより、生じた問題をより正確に診断し修正することができます。
プログラミング ライブラリ  

新機能ハイライト

OpticStudio 18.9

Tolerance in percentage of nominal radius Improved Graphic Export Zemax File Collector Updated pop-out editors in the Materials Catalog
公称曲率半径のパーセンテージでの公差 デザインの固定ツールの改善 NSC グループに変換ツールの強化 ZOS-API による GRIN プロファイル解析の実行

OpticStudio 18.7

Express View for the editors Improved Graphic Export Zemax File Collector Updated pop-out editors in the Materials Catalog
エディタのエクスプレス ビュー 画像エクスポートの強化 Zemax ファイル収集ツール 材料カタログで更新されたポップアップ エディタ
Ghost angle of incident operand Minimum and maximum angle of incident operands Display beam width in POP analyses Multi-Configuration support for the Design Lockdown tool
ゴースト入射角オペランド 最小、最大入射角オペランド POP 解析でビーム幅の表示 デザインロックダウン ツールにおけるマルチコンフィグのサポート